投資信託関連用語

用語などの解説

投資信託は「投資信託運用会社」によって作られ、「販売会社」によって資金が集められ、「信託銀行」がその資金を預かって、「投資信託運用会社」の指示により売り買いを行ないます。3つのプロが連携して、資金を調達・管理・運用することで成り立ちます。
違う言い方をすれば、投資利益からこの3つのプロへ報酬を支払う必要があるということになります。
投資信託を買う人(投資家)を「受益者」と呼びます。
投資家の窓口となるのが、証券会社、銀行などの「販売会社」で、投資家の相談にものってくれます。
運用会社は、投資信託を作ったり信託銀行に運用の指図をしますのでキーマンとなります。法律上は「委託者」と呼ばれます。
信託銀行は、投資家から集めた財産を保管・管理する立場で、運用会社の指示で株式、債券などの売買をします。法律上は「受託者」と呼ばれます。

投資信託の種類

投資信託の組み合わせには無限大の可能性があるわけですが、ルールにもいろいろな種類があります。
受益者の得るものには、分配金と換金があります。
分配金とは利益が出たときに分配されるもので、増えた資金から分配されるわけですから、その分運用できる額が減ることになります。
長期間に大きな金額を動かせることが運用を有利にしますので、この分配金の割合が少なかったり頻度が少なかったり、ないものなどの種類があります。そして、プロ側に流れる手数料の額や比率にも違いがありますので、十分に検討すべき点となります。

受益者サイドで考えた場合、その資金は使う予定のあるものなのか。また、それは何年後なのか。このことをハッキリと把握しておくことが大切なポイントとなります。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る