資産形成の必要性

投資であるということ

昔は預金すれば利息が付きました。もちろん今でもつきますが、その比率は恐ろしくゼロに近づいてしまっています。
減るという危険性はありませんが、眠らせた状態で、それを運用する方向で考えなければならなくなっています。
価格変動型に入る株式投資は、自分自身が企業を研究し利益の望める銘柄を決める必要がありますが、資産運用型に入る投資信託は、プロが運用するファンドを選ぶことになります。
ファンドという言葉も本来の意味からはかなり広がったあいまいな言葉ですが、ここでは、プロが運用を考えて作った一つの銘柄ととらえておきましょう。
他の不動産型や、信用型などは、リターンも見込める分リスクが大きかったり、投資額が大きかったりしますので、ここからはファンドについてみていくことにしましょう。

手数料が発生するということ

ファンドは、もともとは資産家の莫大な資産を資産家に変わってプロが運用するところから始まったと考えていいかと思います。
そのプロが、その実績を以て、小口の資金を募集して大きな資金とし、それを運用するファンドが生まれました。
ファンドの中身はそれぞれで組み立てられ、証券会社や銀行などが窓口となってその商品(ファンド)を売ります。

投資信託の細部を四捨五入してメリット・デメリットを論ずるのであれば、プロに任せるという点から、自身が株式などの研究を深くする必要はなく、運用会社の実績を吟味することに特化できるという点がメリット。
プロに任せ、間に事業所が入るために手数料などが差し引かれますので、運用益のすべてが自分の利益とはならないという点がデメリットといえるかと思います。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る